体にやさしい石鹸シャンプー選び 〜抜け毛の出ない効果のある石鹸シャンプー比較

石けんシャンプーには、いろいろなタイプの石けんシャンプーがあります。

 

 

石けんシャンプーとは、石けんをベースにした頭皮と髪にやさしいシャンプーです。
市販のシャンプーと違い、頭皮と髪にダメージを蓄積せずに頭皮の汚れを洗い上げることが特徴です。

 

石けんシャンプーの主成分が脂肪酸カリウム(石けん)で、弱アルカリ性です。添加剤は少ないため、自然派化粧品の代表ですが、そのままでは使い心地はあまりよくありません。

 

石けんシャンプーの髪の洗い上がりは、髪がごわごわした感じがするといわれます。これは、長い間市販の合成シャンプーで痛めつけられて弱くなった髪が、石けんの正常な反応を吸収しきれないからです。

 

洗い上がりのごわごわやきしみを理由に、石けんシャンプーへの切り替えをやめてしまう人が多いようです。

 

しかし最近の石けんシャンプーには、いろいろなタイプの石けんシャンプーが登場しています。

 

最近では、ごわごわ・きしみがほとんどない石けんシャンプーも発売されるようになりました。しっとりと洗い上げるタイプの石けんシャンプーや、髪にハリやコシを出す石けんシャンプーなども登場しています。

 

これらの目的にあった石けんシャンプーを使うことで、今では石けんシャンプーを使うハードルを下げられるようになりました。

 

長い目で見ると、市販の合成化学薬品のシャンプーより、自然成分で洗浄する石けんシャンプーのほうが肌にいいことは明らかです。若いうちは市販の合成化学薬品のシャンプーでも何の問題ありませんが、新陳代謝が落ち始める20代後半になると肌トラブルを抱える人が増える傾向にあります。

 

大きな肌トラブルは結局コスト高にもなってしまうので、そうなる前に自分に合う石けんシャンプーを探し始めることをおすすめします。

 

 

初めての人向け石けんシャンプー比較ランキング

 

きしみ・ゴワツキのない石けんシャンプー比較ランキング

 

しっとり髪にする石けんシャンプー比較ランキング

市販のシャンプーは頭皮によくない

市販のシャンプーには、石油から取れる合成界面活性剤というものが含まれています。汚れを油で包み、水に浮かすという2つの機能をもったものが、合成界面活性剤です。

 

合成界面活性剤は、台所、トイレ、お風呂洗剤、ハミガキ粉、化粧品としても使われている生活に欠かせない薬品です。しかし、皮膚を壊して、本来肌に入るはずのない物質を皮膚内に浸透させてしまう弊害もあります。

 

実は汚れを皮脂ごととってしまうので肌にはよくないのです。皮脂はお肌にとって天然のクリームの役割をしますが、とくに分泌量の少ない女性ほどクレンジングやメークでもお肌を傷めてしまいます。

 

市販のシャンプーは、手間がかからず、価格が安いことが長所です。しかし、洗剤で頭皮をごしごし洗って、ビニール袋で髪を包んでツルツルにするという頭皮の洗浄は、長い目で見ると肌にいいことはありません。

 

シャンプーは一生する行為です。頭皮が若くて丈夫だったころは、問題がなくても、歳をとるとやがて、体質も変わってきます。

 

10代のように若いときは、新陳代謝がよいので、合成化合物の影響はほどんとありませんが、20代30代になると、肌への影響が出始める人がいます。

 

髪のトラブルに取り返しがつかなくなる前に、今のうちにゆっくりと時間をかけて、体に無理のないシャンプーを選んでおくことは大切です。